FC2ブログ

チーム☆パン屋さん

メンバー随時募集中。参加条件はパンが焼けること?!
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

世界の車窓から~モンゴル写真日記(その2)

DSCF9010.jpg



モンゴルマラソンツアー日記、超不定期更新になっております・・・
いいんです、ゆっくり書きましょう!
主催者さんのブログはまだモンゴルに到着したところですからw(10/27現在)

でもあまりゆっくりしていると次に書きたいことが書けなくなってしまいます・・・
そんなわけで・・・モンゴルマラソン翌日(7月26日)の様子です♪

大陸横断鉄道に乗って田舎の村を訪れるオプショナルツアーに参加しました






ツアーを主催された「トラベルあさひ」近さん親子は
モンゴルマラソンの日本側事務局をなさっているだけあって
モンゴルのことならなんでもお任せ!という心強い存在です。

近さん(お母様)はNPOとしてモンゴルの子供たちに
絵本を読み聞かせる活動をなさっていて
わたしたちはそれに同行させていただきました。



 * * *

モンゴルの首都、ウランバートル駅より出発です
DSCF8910.jpg


駅前は路駐の車で身動きとれません。。。
禁止という概念があるのかどうかは謎w

バスとかトラックとかは韓国車
乗用車は日本車が多かったです
DSCF8914.jpg


一等車に乗り込みます
DSCF8917.jpg


客席より
DSCF8920.jpg


発車後すぐに雄大な景色が
DSCF8928.jpg


民家、柵の中には家畜がいるのでしょうね
DSCF8929.jpg



車中ではみんなで歌の練習をしました!
「ごんべさんの赤ちゃん」をモンゴル語で披露する予定♪
(→忘れてて結局歌わなかった)
DSCF8934.jpg



途中2駅くらい停車



出発から2時間後・・・
「なんとかなんとか駅」(←ごめんなさいw、失念)に到着しました~!!


駅といっても周りには何もない
どの駅も同じに見える
キリル文字読めないしまりちゃん・・・ヘルプミー
DSCF8973.jpg



乗降口のステップがやたら高い位置(腰くらい)にあって一苦労
よっっっこら、、、せ!!!・・・くらいな感じ
DSCF8962.jpg


都会まで買いだしだったのかな
たくさんの荷物を抱えて帰宅中の家族
DSCF8972.jpg


車掌さんは女性
手を振ってくれました
DSCF8968.jpg


添乗員の近さん(息子さん)、ここで別行動になる参加者にごあいさつ
DSCF8967.jpg


可愛らしい色の遊具や建物
手作り感、素朴な感じいっぱいです
DSCF8976.jpg

DSCF8978.jpg



見渡すばかりの草原ですが、中には小さな花がたくさん咲いていて
ミント系のハーブのような爽やかな香りがきゅっと鼻腔をくすぐります



いい感じで辺りを見回していたら・・・突然、駅舎スピーカーから大音響が!
qwertyuiopasdfghjkl;:…………!!!!!!!!!!!!』←そう聞こえたw

付近に住んでいる子供たちを集める呼びかけでした




最初にやってきたのは・・・ワンちゃん♪
DSCF8984.jpg


どこからともなく子供たちがたくさんやってきました
DSCF8993.jpg

DSCF8991.jpg


近さん(お母様)の紙芝居を子供たちは食い入るように見つめます
DSCF8987.jpg


オユマさん
彼女はモンゴル国立大学3年生
わたしたちの通訳をしてくださいました
日本語が堪能すぎて驚きました!!
DSCF8997.jpg


一緒にツアーに参加した方から手品のプレゼント♪
DSCF8998.jpg


日本のお菓子や鉛筆なども大喜びしてくれました

ものをもらうときは、きちんと両手で受け取って
バヤルタエー』と挨拶しながらお辞儀するよう
小さいころからしつけられているのだそうです
DSCF9013.jpg



遊んでいたらあっという間に時間は過ぎました
子供たちの笑顔はまさに世界の共通語ですね
わたしたちのほうがたくさんのものを頂いたように思います


帰りの電車
DSCF9023.jpg


さて、次はどこに行きましょうか

スポンサーサイト



【 2010/10/27 (Wed) 】 マラソン | TB(-) | CM(2)
No title
そいえば地図見てみましたらその広大さに驚きました。
我が国の3倍はある?もっとびっくりなのはおとなり中国の
内モンゴル自治区。やっぱり広大。いかに世界が広いのか。
自分がとても小さく見えますねえ。
【 2010/10/27 】 編集
ありがとうございます
そうですね、本当にちっぽけな自分を見ることができました。
近くて遠い国、果てしない大地で見たシリアスな現実。
みんなに見てもらう文字にはしていないけど
それをどうやって消化したらいいのかしばらく悩んでました。。。
【 2010/10/27 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する